Zum Inhalt springen


安心して借りられる即日キャッシング


キャッシング時の電話連絡について

キャッシングを申し込んだ場合、申込書の記入欄には名前や住所、連絡先、勤務先を記載する必要があります。そして、勤務先には本人確認のために必ず電話があるということを覚えておきましょう。しかし、たとえ貸金業者から勤務先に電話があったとしても、貸金業者だとわかるような電話のかけかたはしてきません。電話をとった人には個人名で連絡をしてきます。


<どのような時に連絡がくるか>

その他で、勤務先に貸金業者から連絡がくることは、ほぼないといえます。それではどのような時に連絡があるかというと、まずはキャッシングを申し込みをした時の在籍確認の電話と、返済が滞って、何日も連絡が取れない場合などです。ですから、返済は返済日までに必ずするか、遅れそうな時は事前に必ず連絡をしていつなら返済できるかや、返済金額の相談をするのがいいでしょう。


<返済が遅れる時は連絡を>

知らないふりをして、返済日を過ぎても返済せず、携帯電話に連絡があっても出ないなどの場合は、勤務先に連絡がある場合もあるということを覚えておく必要があります。返済が遅れると遅延損害金が発生して元金が減らないばかりか、返済期間が伸びてしまいます。キャッシングの利息は高いですし、遅延損害金も高額になります。また、あまりにも返済期間が遅れると信用情報機関に登録されることもありますので、期日までに返済することは忘れないようにしましょう。

« キャッシングは比較をしてから決めましょう – 窮地をキャッシングで乗り切っています »

作成者:
isadmin
Date:
2014年4月11日 um 2:39 PM
Category:
キャッシング
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。